Copyright © THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED. All Rights Reserved.

voice03 voice03

困難を前にしたときこそ、
大きく成長するチャンス。

堀 太希 経営学部

DAIKI HORI
REASON

厳しい世界だという
覚悟とともに、
ワクワクしている自分がいた。

私が小学校6年生のときに、東日本大震災が起きました。被災地で感じた虚しさは今でも忘れられません。何もできない自分を不甲斐なく思い、将来は人や社会を支えられる人間になろうと決意しました。大学在学中に両親が入院し、生命保険に救われたこともきっかけでこの業界を志すようになり、そこで出会ったのが機関経営職です。インターンに参加した際、20代後半で一国一城の主になれると知り、非常に厳しい世界なんだという覚悟とともに、活躍している自分が想像できてワクワクする気持ちが湧き上がったことも覚えています。
選考を通じて、3つの「力」を教わりました。リーダーとして信頼されるための「人間力」。発言に責任と価値を持たせるための「言葉力」。そして、自分の強みと相手のニーズを的確に理解し、ビジネスとして成功に導くための「営業力」。これらを意識しながら、多くの人々を支えるオフィス長になりたいと思いました。
TURNING POINT

挫折経験があった
からこそ、
人を支えられる人間に。

小学校の頃は、プロ野球選手を目指していました。地区代表に選ばれた経験や全国大会に出るようなチームにスカウトされたこともあり、自信と誇りを持っていたように思います。しかし、中学で入った強豪校には自分よりも優れた選手が多く、残念ながらエースにはなれませんでした。悔しさ、悲しさ、情けなさといった辛い日々が続きましたが、それを乗り越えた先で思ったのは「人が苦しんでいる時こそ、そばで支えられる人間になろう」ということ。
その後、高校は強豪校ではなかったもののキャプテンとして部を引っ張っていき、チームのためにプレーもマネジメントも全力で取組んだ経験がかけがえのない財産となっています。自分が活躍する楽しさはもちろんありますが、周りに貢献できた時に感じる喜びの方が大きいことに気付けましたし、困っている人がいたら真っ先に「堀さんに相談したい」と思ってもらえるような人になりたいと考えています。
FUTURE

失敗を恐れる
ことなく、
成長のきっかけに変えていく。

今後は、高い目標を掲げて確実に達成すること。柔軟性と好奇心を持って挑戦し続けること。そして、常に前向きな気持ちで取組む姿勢を大切にしようと思っています。大学でゼミの採用リーダーを担当した時にも、感謝の気持ちを伝える大切さや、どんなことでも相手を否定しないといった、コミュニケーションの重要性を強く感じました。周囲と良い関係性を築けるとメンバー同士が積極的に意見を言い合い、自発的に課題に向き合うようになり、組織全体のレベルが底上げされていくように思います。
誰しも失敗を恐れてしまうのは当然ですが、その原因や自分に足りなかったところを真剣に見つめ直せば、大きく成長できるきっかけになるはずです。実際、私も野球での挫折経験があったからこそ、今までにない考え方ができようになりました。これからも苦労や悩みを一つずつ乗り越えながら、いろいろなことに挑戦していきたいと思っています。
PAGE TOP