Copyright © THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED. All Rights Reserved.

一歩先の未来を照らし出せ。

[ 機関経営候補生 ] Ⅴ期

仙台総合支社 南仙台営業オフィス オフィス長代理
2017年入社 システム理工学部

塩見 智寛

私のこだわり

理論よりも、大切なもの。

機関経営職候補生Ⅴ期ではⅣ期同様、オフィス長代理として営業オフィス経営の補佐を担う。新人の生涯設計デザイナーを一人前へと育て上げていくのが最も大切な役割のひとつだ。このオフィスに赴任してから、私はこれまで現場で培ってきた営業スキルを伝えようと躍起になっていた。オフィスの目標を徹底的に周知させ、それを達成するために何をすべきかを理論的に、分かりやすく伝えていたはずなのだが……。オフィス全体の成績は思うように良くならない。職場の雰囲気も決して良いとは言えず、「辞めたい」と切り出す生涯設計デザイナーまで現れた。一体どこで道を間違えてしまったのだろうか?私は一人ひとりと話し合う場を設けたのだが、そこである原因が見えてきた。それは、一人ひとりの仕事に対する考え方やモチベーションを、私が深く理解できていないということだ。私は今まで自分の想いだけを押し付けていた。皆、働く目的や働ける時間が違うというなかで、「この方法なら上手くいく」と自分なりの理論ばかりを伝えようとしていたのだ。人は決して理論だけで動かない。一人ひとりの心を見つめ、心に深く寄り添いながら、一緒になって進んでいく。その積み重ねがいちばん大切なことなのだと、その時私は気付かされたのだ。

私を変えた仕事

負の連鎖を断ち切れ。

入社3年目のこと。私は業務人財開発部のオフィストレーナーとしてⅠ期・Ⅱ期生の指導を担当していたが、その中で伸び悩んでいるⅠ期生がいた。座学の試験はほぼ満点なのだが、営業活動となると成績が付いてこない。周りの同期たちが次々と契約をお預かりする中、彼だけが遅れをとっていた。日に日に彼の表情は暗くなっていく。お客さまからお断りを受けて自信を失い、そのせいで気持ちが落ち込み、またお客さまからお断りを受けてしまう……と、まさに負の連鎖に陥ってしまっていたのだ。私はその連鎖をなんとしても断ち切ってあげたかった。一度でもいいから彼に成功体験を積ませたい。その成功体験を自信に変えてもらいたかったのだ。私は彼に営業同行し、手取り足取り話法などを指導しながら一軒一軒、お客さまのもとを訪れていった。お断りを受けても、その都度反省点を洗い出し、次のお客さまのもとへ。諦めない姿勢を見せていくことが大事だと思った。そして辺りも暗くなってきた頃、遂にご契約をお預かりすることになったのだ。これまで見たことのない、Ⅰ期生のうれしそうな表情。その顔を見たとき、自分のことのようにうれしく思った。この成功を原動力に、彼には胸を張って前進していってほしい。そして私もまた、指導者としての大きな一歩を踏み出したのだ。

そして、この先に

前例のない時代でも、突き進め。

保険業界は今、前例のない変化の時代に突入している。ここ数年で会社の制度や生涯設計デザイナーの働き方も大きく変化した。お客さまとの非接触での面談ツールの導入など、当初は戸惑うこともあったが、今では営業スタイルのひとつとして定着している。さらに、お客さまのニーズもますます多様化しているため、そのニーズを見極め迅速に対応していく力が求められる。私がプレイヤーとして営業活動を行っていた頃の常識は、今では既に通用しなくなってきている。そんな先を見通せない時代で、毎日不安と闘いながら最前線で営業活動に励んでいるのは、私ではなく、生涯設計デザイナーだ。生涯設計デザイナーは多くの不安や悩みを抱えている。それらを少しでも多く取り除き、自信を持って自分らしく働ける環境づくりを行うのが、これから先オフィス長になる私に課せられた使命なのだと思う。生涯設計デザイナーの進むべき道を切り拓くためにも、まずは私が真っ先に行動し、道しるべとなる必要がある。失敗や変化を恐れず、挑戦を続けていかなくてはならない。その途上では、きっと多くの試練も待ち受けているだろう。その中でも大切にしていきたいのは、一緒に働く仲間たち一人ひとりの心である。皆で心を一つにしていれば、たとえ道に迷いそうになっても、きっと未来は拓けてくるはずだ。一人ひとりの一歩先の未来を、私が照らし出していく。

ONE DAY SCHEDULE

9:00 朝礼

営業オフィスの目標を確認するとともに、生涯設計デザイナーの前日の成果発表を行う。ワンポイント研修では営業活動で使える時事ネタなども共有する。

11:00 営業同行

担当する新人の生涯設計デザイナーに同行し、お客さまへの提案をフォロー。一人ひとりの活動をサポートしつつ、その方がどんな悩みを抱えているのかヒアリングする。

15:00 帰社指導

生涯設計デザイナーのその日の仕事内容を確認。お客さまへの提案内容を確認し、何を伝えるか、どう伝えるか、アドバイスを送る。

18:00 終業

翌日の準備を整え、終業。